佐賀県東部環境施設組合

  • ホーム
  • 組合について
  • 情報公開
  • 組合議会
  • 次期ごみ処理施設
ホーム>次期ごみ処理施設>建設工事進捗状況>令和3年10月

令和3年10月 土木建築工事 山留工事(連続壁工)

 令和3年8月から続いた杭打設工事が10月19日をもって完了し、10月中旬からは、地下躯体施工時の掘削側面を保護して地盤の崩壊を防止するための山留工事を開始しました。10月は主にソイルセメント連続壁工を行いました。

ソイルセメント連続壁工 掘削


3点式の杭打機を使用し、連続壁を設置する箇所を掘削しながらセメントスラリーを注入して土と混合攪拌していきます。

ソイルセメント連続壁工 H鋼材挿入

掘削した箇所に芯材(H鋼材)を挿入します。

セメントが固まることにより連続壁ができます。

ページ上部へ戻る